menu 0977222228

▲こちらをタップすれば、直接電話をかけることができます。


tel
new

ごあいさつ

理事長あいさつ

理事長 田代幹雄

日本は未だに世界第3位の経済力を持っている上、国民皆保険制度により低額で高度な医療を提供できており、他国から見るとたいへん羨ましい国家です。しかし、世界屈指の少子高齢化の進行に加え、今後さらに団塊の世代の高齢化に伴う医療費・介護費の増大が見込まれるため、国の政策として2025年を目標に医療から介護へ、入院・入所から在宅へと強力な舵取りが始まっています。これらの政策によってどのようなことがすでに起こっているでしょうか? まず、医療費削減のため、費用のかかる急性期病院の在院日数短縮施策が行われています。このため、治療半ばで自宅・介護施設・療養型病院等に退院せざるを得ない患者さんが増大してきています。外来通院が可能な程度に回復している患者さんや家族の介護力が十分ある患者さんの場合は在宅でも可能かもしれませんが、そうでない場合には治療を継続できる病院等を探さなければなりません。それができなければ、ご本人に不幸な結果を招いたり、家族が共倒れになることもありえます。また、看取りの場所の問題もクローズアップされてきています。近い将来、増加する40数万人の看取りをどこでするかという問題です。在宅での看取りを少しでも増やしたいとの見込みで在宅医療推進策を国は強力に進めたい意向ですが、皆様もご承知のように全国的に医師不足・看護師不足・介護士不足等のため、絵に描いた餅になりそうです。 「終わりよければすべてよし」という言葉が日本にはあります。最期くらいは納得して迎えたいものです。また、「ただ長生きすることが幸せなのではない。幸せな人ほど長生きするのだ。」という内容は世界共通のようです。 当院のスタッフは、患者さんがいろいろな病気を持ちながらも、少しでも幸せと感じる気持ちを持っていただけるように支援したいと、日々研鑽を積んでいます。

 

理事長 田代 幹雄

院長挨拶

院長 大津直也

地域の人々との心のふれあいを大切にして、身内同様のやさしさを持って接し、「安心」・「満足」・「信頼」の得られる「患者さん中心」の質の高い医療と介護を行う事を『基本理念』に「優しさとぬくもり」「明るさと迅速」をモットーとして地域の皆様から愛され信頼される医療施設として日々活動しています。

40周年記念プロジェクトの一大イベント新築工事も、昨年9月より着工し今年の7月末に竣工し、8月末に移転を無事完了することが出来ました。

診療科目は、内科・循環器内科・皮膚科・リハビリテーション科 病床数は定員96名でその内訳は医療療養型病床63床(4階32床、5階31床)、介護療養型病床33床(3階)です。

また、訪問診療にも積極的に取り組み、訪問介護事業(あやめ)とも連携をしながら在宅患者さんへも医療と介護の提供をしています。 旧病院は、浜脇クリニック(内倉洋三院長)として10月3日より診療開始。

これからも地域の皆様に医療と介護で少しでもお役に立てる努力をして参る所存です。

 

院長 大津直也